So-net無料ブログ作成
映画(DVD) ブログトップ

飛行機好き必見 !  【ハッピーフライト】  [映画(DVD)]

うわぁ エントリーが2週間も空いてしまいました。
仕事、先週の金曜日がピークでした。
なんとかやっつけたので、映画なんか見てきました。
映画観るのって何十年ぶりでしょう。
映画館の大画面、大音響がダメで目が回ってしまいます。
でも今回見たのが【ハッピーフライト

081129_2115~0001.jpg

続きを読む


DVD 「亀は意外と速く泳ぐ」 [映画(DVD)]

この作品、上野樹里ちゃんの作品です。
おはるさんが、上野樹里ちゃんのこの作品がいいと。
芸能界に疎い私ですが、上野樹里ちゃんファンとすればなんとしても見ないと...
DVDが出てました。嬉しい!さっそくレンタル、レンタル、ルンルン。


亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 









三木聡監督・脚本の作品です。
なんという不思議なタイトルでしょう。いまだに意味が分かりません????
コメディです。平凡な生活を送る主婦「片倉スズメ」の日常に変化が...
「のだめ」の上野樹里ちゃんを想像すると全く違う上野樹里ちゃんにビックリしますよ。きっと

このDVD、メイキングや舞台挨拶が収録されていてとっても面白い。
舞台挨拶で監督が「下らない映画を作ってしまってすみません」と言ってます。
主婦役ですが、なんと18歳の時の作品なんですね。10代恐るべし
大ヒットした「スウィングガールズ」の直後の作品です。
監督が、この作品の中にいろいろと仕込みをしているといってますが私には分かりません。
この作品で、上野樹里ちゃんはオーデイションで決まったようですが、「はあぃ」がよかったとか。
(私の場合「ハァ~イ」ですが...関係ないですね)
共演で蒼井優さんが出ています。蒼井さんが「クジャク」で上野ちゃんが「スズメ」です。
好対照の役柄。
90分程度の映画ですので、気軽に楽しめます。上野ちゃんのまさに「素」を発見できる映画です。
上野樹里ちゃんの「大」ファンにはお薦めの映画です。

おはるさん、いい映画紹介してくれてありがとう!

 


DVD 「ALWAIS 三丁目の夕日」 [映画(DVD)]

見たいと思っていたのですが、やっと観ました。

ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 








ビッグコミックオリジナルに連載されている(まだ連載されているんでかね。凄い長寿!)漫画をベースにした映画です。
ビッグコミックオリジナルは、いい連載がありましたので、若い頃はよく読みました。(ビッグコミックも好きでした)

映画では、薬師丸ひろ子さんがピカ一ですね。なんか時代感もぴったりです。いろんな賞の最優秀助演女優賞総なめですね。
主演の小雪さんCMでしか見たことありませんが、いい演技してましたが、出番が少ない。
優秀主演女優賞でした。(主演にしては出番が少なすぎます。主演が薬師丸さんじぁないのかなぁ。)
でも薬師丸さんの貫録勝ちですね。なんと行ってもくどいですがはまり役です。
映画のHPがまだあるようです。こちら 
「日本中が泣いた!」なんてありますが、最初は話が淡々と進んでましたので、泣くところないなと思っていましたが...
子供を使って泣かせるのはずるいなぁ。
昭和33年頃、私生まれてません。(嘘です。ばっちり生まれてました。)
ただ東京タワーの半分なんて記憶は、もちろんありません。この時代、懐かしく、泣かせる要素一杯ありますよね。


なんと「続」が11月3日に公開されるようです。「続」HPは、こちら 
「続」では、主演の小雪さんには目一杯、出てもらいたいですね。
今が旬の貫地谷しほりさんの名前も見えます。DVDで見ることになりますがとっても楽しみです。

もちろんウィキペディアにもでてます。映画版にリンク貼っときますね。
最近、ジーンとして泣くのって、けっこう快感になってきました。(悲しい映画で泣くのは嫌ですが)
そうそう小雪さんは、テレビのCM(ビエラでしたっけ)にずっと出でますが、最初の頃は、センスのない衣装を着せられてはらはらしてましたが、今のシンプルな衣装はグッドです。こういうのが一番合いますね。

今回も観てよかった。


DVD 「THE 有頂天ホテル」 [映画(DVD)]

先週の日曜日に観たDVDです。
この映画すでに、テレビでもやっちゃってます。でも昨年公開の映画なんですね。
もう、こういう楽しい映画好きですね。

THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション 








大晦日の10時から年明けまでの2時間のホテルでのドタバタ映画です。
もう笑えます。ちょっとしんみりする所もありますが、泣かせる所は全然ありません。
もうテンポよく話が進みます。このテンポのよさが、なんと言うことのないこの映画のストーリーを、あっという間に見せてしまうんですね。
まだHPが残ってます。こちら  (残骸という感じですが)
なんとウィキペディアでも出てます。(こちらの方が整理されていて分かりやすいですね。この映画ネタバレなんてありません)

この映画のすごい所は、まぁ出演者の凄いことといったら!
多分この映画、出演料に一番お金かかってますね。
出演者は、ウィキペディアをご覧下さい。ホテル側、お客側、芸能人(役の上ですよ)、その他大勢です。

ホテルの副支配人の役所広司さん、マネージャーの戸田恵子さん(この女優さん脇役旨いですね)の二人を中心としてドラマが進行します。
おばちゃま達に人気の佐藤浩市さんもしっかり出てます。

私のお気に入りは、ホテルの客室係の松たか子さんです。この方の演技こんなに観たの初めてです。吹っ切れた演技いいですねぇ。ドタバタ映画ですが、小気味良い演技です。大勢の大物俳優の中でも光ってます。
もう一人、途中まで気が付かなかったんですが、ホテルの中をちょろちょろしているコールガール役の篠原涼子さん。
コミカルな演技とっても旨い。この役も映画の中でポイントです。

娯楽映画として大笑い!楽しめました。


DVD「フラガール」 [映画(DVD)]

4月29日日にヒロノミンVさんが紹介されていた、「フラガール」観ました。
地元ネタと言うほど近くはないのですが、「常磐ハワイアンセンター」の創業の物語で実話とのことです。
ヒロノミンVさんのエントリーを見て借りてきました。

フラガールスタンダード・エディション

 

 

 

 

 
重くなく軽い感じで観られます。最後はハッピーエンドです。
「常磐ハワイアンセンター」創業当時は、大規模レジャーランドでした。ただ私は行った記憶がないんです。
盛んにテレビでコマーシャルしてましたからね。
なんか身近に感じてました。
主役は、フラガール達を育てる平山まどか役の松雪泰子さん。
フラガールの一人の谷川紀美子の母親役の富司純子さん、この二人の演技が光ってます。
本当は、谷川紀美子役の蒼井優さんも中心なんでしょうが、まぁフラガール全体と言うことで。
軽い二時間ドラマという感じですが、いたるところに泣かせどころがあります。
それでなくても、最近また花粉症(今頃でもあるんですね)が、出て眼がウルウルしているのにもうたまりません...
(どうも最近は涙腺がゆるくなってDVD観ると泣けちゃうことが多くなりました)
この作品日本アカデミー賞を取ってるんですね。それほど大それた作品とは思いませんが。

でも娯楽映画として観るぶんにはお薦めします。
作品の紹介、ウィキペディアをリンクしておきます。ウィキペディアでは、「核心部分が記述されている」と注意してますが、私はこれを印刷して配役等を読みながら観ました。全然問題ありません。→こちら
(ただし結末を知りたくない方は見ないほうがいいと思いますが、実話ですから)
そうそう「常磐ハワイアンセンター」って今は「スパリゾートハワイアンズ」という洒落た名前になってます。


「UDON」DVD化! [映画(DVD)]

昨年の映画「UDON」がDVD化されレンタル屋さんにも出てました。
楽しみにしていたので、早速見ました。

UDON スタンダード・エディション 










私は、映画館に行きません。大昔まだ映画が全盛期の頃、親父が大の映画ファン(邦画のみ)で連れて行かされました。それも3本立てとかばかりでした。白黒でなんか戦争映画ばかり見てたような気がしますが...すっごい古い話です。我が家はテレビの導入が大変遅かった。
それがトラウマになり、映画館へ行くと、大画面、大音響で必ず頭痛がして来ます。
奥さんも、娘も映画には誘ってくれません。でもいいんだぁ。5.1チャンネルのDVDがあるもん!

てなわけで、「UDON」です。主人公(ユースケ・サンタマリア)がコメディアンになるためニューヨークへ行きますが、目が出ず帰ることに、実家は製麺屋という所から始まります。
そこに絡むのが小西真奈美さん。
つぎつぎとうどん屋さんが出てきます。実在のうどん屋さんなんですね。いかにも美味しそうでそそられます。(すんません私は、実はそば派です)
主役はやはりユースケ・サンタマリアですね。
小西真奈美さんはやはり助演女優という感じでしょうか、ちょっと残念でもいい演技してます。光ってます。
テレビのきらきら研修医は、原作のつまらなさから見てられず、途中から見ませんでした。かわいそう。

この映画、スパイスとなったのは主人公のお姉さん役の鈴木京香さん。もう映画をぴりっと引き締め、ほろりとさせます。演技も旨いし、新しい発見でした。(美人だし)
この映画でも最後の方に泣かせどころもあります。もともと涙腺がゆるいのでもう泣いてしまいました。
弱いなぁ。こういうシチュエーション。

でもいい映画です。一度ご覧下さい。

主人公は、円満に親父の後を継いでうどん屋に....ではありません。意外な展開!
親父の一言が効いたのかな。

P.S.
※前回のDVDのエントリーでも同じような昔の話をしています。どうかボケた親父の話として聞いてやってください。


ミッションインポッシブル Ⅲ [映画(DVD)]

ちょっとブログいじります。
カテゴリの分類を追加しました。あまりにも「テレビ」が多くなりすぎて。

映画を分けました。といっても映画ってあまり見ませけど。

私は映画館でまず見ません。
父親が大の映画好きで、子供の頃よく連れて行かれました。
当時は白黒で、なおかつ3本立て、そして戦争映画ばかり、大画面、大音響で大体頭痛くなって帰ってきました。
なんで映画ってつまんないの。これがトラウマになってます。

そうですね。映画館で見たのは、「101匹わんちゃん大行進」、「メリーポピンズ」ぐらいかなぁ。
テレビで十分、DVDで5.1チャンネルでもう大満足です。

今日は、「ミッションインポッシブルⅢ」見ました。(M:I:Ⅲっていうのですね)

M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション 








こういうアクションは5.1チャンネルで、大迫力になります。
安いシステムですが、これで十分!
俳優さんは、トム・クルーズって聞いたことあるかなぁ。なんていう程度です。全くのド素人です。
この映画やはりもうアクションシーンの連続、スカッとします。
私にとっては、これでいいんです。
でも出てくる女優さん、個性的でいいなぁ。

次に借りてきたのが、「オーシャンズ12」です。「11」は見ました。
このシリーズって、フランク・シナトラの「オーシャンと十一人の仲間」のパクリですよね。
シナトラ映画でも粋な演技してましたよね。


夏川結衣「夜がまた来る」 [映画(DVD)]

先日の「死国」に続いて「夜がまた来る」のDVD見ました。
「死国」より5年ぐらい前の作品です。石井隆監督・脚本の作品。

夜がまた来る デラックス版 









石井隆さんの女優さんへの演技の要求は厳しいものがあります。残酷さ、緊張感容赦ありません。
夏川結衣さん26歳頃です。まさに体当たりの演技としかいいようがありません。

アマゾンのレビューでも賛否両論といったところ。

このストーリーではこのぐらいの内容は要求されるでしょうね。
そうでないとただのヤクザ映画の復讐劇で終わってしまいますね。

ここでの夏川結衣さんなんかかわいそうになるぐらい必死で、どきどきしました。
この作品の中ではチャプター14、夏川結衣さんが、麻薬中毒から抜けて体を拭くシーンです。
ここは本当に綺麗です、夏川結衣さんの20代の体の美しさも勿論ですが、演出もいいですね。
このシーンは何回も見たいシーンです。これより前はかわいそうで...
(このDVDチャプターが細かくなっているのでいやなシーンは割愛することができます)

石井隆さんは、登場人物「名美・村木」というのがいくつかあるようです。(あまり良く知りません)
名美役を余貴美子さんがやっている、「ヌードの夜」というDVDがあるようです。
余貴美子さんも私の女優名鑑に載っている人です。見なくちゃ。

今日の夏川結衣さんの作品インパクトありました。


夏川結衣「死国」 [映画(DVD)]

先週研修から帰ってからカゼをひいたようで、最悪の一週間。
エントリーも滞ってしまいました。
こういうときに限って仕事がたてこんで...。
前に医者にもらった風邪薬の残りでしのいでいましたが、直らず仕事の合間に、
医者に行こうと思うと休診日だったりと...。
今朝、やっと医者に行って来ました。
私は、医者好き、薬好きで、外科ぐらいかないつも行く医者が無いのは。
でも先生たちも歳をとりました。そりゃぁそうですよね私も年取っているんですものね。
歯医者さんは、廃業してしまいました。とても信頼していて痛いのも我慢できる先生でした。
だんだん先生がいなくなってしまいます。いまさら知らない先生にかかるのもいやだし。

で薬を飲んでボボーッとしているときにレンタルして見ていなかった「死国」を見ました。
ジャンルで言えば、ホラーになるのしょうが、「ぎゃぁ~」ということがなくいい作品です。
やはり前回エントリーした、夏川結衣さんがこの作品を「ぎゃぁ~」というホラーから、
品のあるホラー(そんなのある?)にしているのですね。

死国 

 

 

 


この作品のときは31歳ぐらいのときでしょうか、淡々と演技をこなし、
アクの強くないのがいいですね。この作品での夏川結衣さん、綺麗ですね。
四国でのロケも夏川結衣さんに合っているのでしょう。歳を重ねるほど輝いていくのですね。
この映画でデビューした栗山千明さんは、
活躍しているようですが、ベースはモデルさんのようです。(個性的な顔ですものね)

この「死国」も夏川結衣さんのイメージをこわすものではありませんでした。
ますますファンになりました。今度は「夜がまた来る」を見ようかな。


今週のテレビドラマ
NHKの「慶次郎縁側日記」の第二回は、かたせ梨乃姉さんが主役でした。
それもかたせ梨乃姉さん一人熱演では...。
最後のほうに高橋英樹さんが出てくると、ドラマがキュッと引き締まります。
やはり存在感がありますね。
今回は、北原亞以子さんの原作ではなく、脚本家のオリジナルとのことで、
それもあるのかとおもいます。今一息でした。(前回のエントリーはこちら

次は、昨日の「セーラー服と機関銃」の第二回目でした。
長澤まさみさん演技よくなっていますよ。この人人気あります。
雑誌なんかに良く出てます。R-25に大きくでてました。
今回、きょん2が結構出てきます。なぞの女ですね。
滝川真子さん出てました。懐かしいですね相変わらず元気です。
今日の主役ですね、バタ臭い役はこの人にぴったり(舞台は浅草!)
次週も期待。
(そうそう公式ブログんなんていうのもあります)



映画(DVD) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。